クルマと自転車、小ネタの発信。

僕の仲間とMTB

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT | PREV

普通MT

どうも、こーちゃんです。
報告が遅れましたが7月の後半に
自動車運転免許をGETしました。
もちろんアクセル・ブレーキ・クラッチを
操作しないと動かない車の免許です(笑)
120723-100959.jpg
裏校には行かずに一回目の試験で受かりました
ちょうど夏休みに入ってしまったので
会場は学生と思しき方々で一杯になってました。

ついでに家族旅行の際にレンタルした
スバルのインプレッサスポーツのお話
DSCF0953.jpg
CVTアイドリングストップを装備しており、
取り回しやすいサイズで街中では乗りやすいです。
ただ、グレードが低いせいか今まで僕が勝手に抱いてきた
インプレッサのイメージ
とは少し違っていました。

しかし、免許取得後の初乗車・初運転を
仮にもスバルのインプレッサで飾れたのは
良い体験であった事に間違いありません
コレを糧(?)自転車・自動車共
さらに熱を注げれば良いなと思いました:-)
それでは、こーちゃんでした。bb11111111111111111111111

| クルマ | 23:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

ゲーム作る技術無いから車載動画編集してみた

どうも、こーちゃんです。
やはり路面から伝わるブレが激しかったのですが
学生の文化祭レベルのアイディアが浮かんだので
高尾山に行った時の映像を編集してUPしてみました。

ゲーム作る技術無いから車載動画編集してみた

今回もPCのスペック不足で画質は落としてありますが、
例によってWindows Movie Mekaerのみで編集してます:-)
※ブログのテンプレートの関係上動画の右端が表示されません
動画再生後、右下端に出てくるYOUTUBEボタンをクリックして、
直接YouTubeで視聴してみてください。


拙いクオリティですが見てもらえると嬉しいです。
それでは、こーちゃんでした。bb1111111111111111111

| パソコン | 01:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

WindowsMobile → WindowsPhone

どうも、こーちゃんです。
大ダルミ峠から帰ってしばらく経ったある日、
今まで使ってきたアドエスが逝きました
yeah.jpg
今から4年前の発売当時The Smart Phoneと称され、
現在のスマホブームの火付け役でもありました。

状況は通話ボタン及びテンキーの反応が無く
タッチスクリーンの反応も同じくありませんでした。
かろうじてqwertyキーは使用できるものの、
正直スペックに限界を感じていたので
機種変更へ踏み切りました。理由は以下の通りです。

・充電端子がアドエス専用規格
 主流のmicroUSBはは当時普及していなかったため、
 似たようなサイズのまったく別の独自端子でした。
 もちろん4年前のスマホのアダプタは現在市販されておらず、
 最近は付属のACコードも接触が悪くなってきていたので
 余儀なく機種変更を強いられる状況に。

・Willcomのサービスエリア
 現在日本国内でPHSを取り扱う会社はこの一社のみで
 最近では定額プランや人気タレント出演CMなど
 若年層に受けるような戦略が目立ってきました。
 (僕もバリバリのティーンですが)
 しかしなんといってもカバー率の低さは否めず
 ロングライド中に圏外になることもしばしば。

qwerty配列の物理キーを装備していたり、
定額制話し放題プランは良かったのですが、
やはり上記二点のデメリットは誤魔化しきれず、
思い切ってキャリア変更もする事にしました。

人気のIphoneやAndroidは候補には挙げず
WindowsPhone狙いでauショップへ。
DSCF1453.jpg
そして買って来ました。
auIS12T Windowsphoneです

契約の際に店頭で簡単なセットアップをしたので
一応本体はポケットに入れて持って帰って来ました。
DSCF1373.jpg
バッテリ、ケーブル、取扱説明書、保証書
本体のメインカラーはシトラスとなかなか派手ですが
ブラックと上手く組み合わさっておりデザインはシンプルです。
DSCF1374.jpg
早速メインPCと接続して同期更新をします。

ちなみにIS12Tには赤外線通信ポートはありません
アドエスから直接アドレス帳移行は難しいので、
以前赤外線通信でバックアップを取ってあった
3代前のガラケーからmicroSD経由でPCへ。
DSCF14521.jpg
PCでWindows Live Mailにデータをインポートし、
それをIS12Tと同期させることで無事に成功しました。

※IS12Tについて
Windows Phone7.5を搭載した世界初の端末で
内蔵されているカメラはAF搭載で1320万画素。
手振れ補正対応でHDムービーを撮影できるようです
またIPX8等級の防水機能、IP5Xの防塵機能に対応し
緊急地震速報も受信できるとの事。 詳細はwikipediaを参照


また何か不具合でもあれば記事にしようと思います(笑)
それでは、こーちゃんでした。bb11111111111111111111111

| パソコン | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

レッツ高尾山っ! (5)

どうも、こーちゃんです。
再び更新が途切れかかりましたが、
5回目の高尾山アタックをやります
コレが一応最後の記事になると思います。

峠を下りきってのどかな田舎道を少し走り、
県道515号線との交差点があるので左折します。
inthe_515.jpg
降水量による規制標識が背中向けてる場所です。
そして何より引用した画像の天気の良さといったら(笑)

とりあえずさっきの交差点を鋭角に曲がって
数百米走ったところにある商店で休憩。
120809-130609.jpg
どうしても同じ趣味を持つ人間と話すと、
時間を忘れてしまってダメですねorz
結局ここで1時間程潰しました。

のどかな風景の中をのんびりと走り、
県道517号線との交差点を右折します。
into517.jpg
ちょうど右側に大きな橋が見える交差点です。

コレがかなり高い場所に架かってる橋で、
超あいまいな目測で100m以上はあるように感じました
2011071115215263f33333.jpg
ちなみにいつかの当ブログトップ画像は
この橋の上で撮影されたものです:-)

その後しばらく走って突き当たりの
阿津交差点を左折して
国道412号線をしばらく直進します。
notatsugi.jpg
気をつけていただきたいのがこの三ヶ木交差点
今まで走っていた412号線はここで右に折れる上に、
交差点手前で(地元から近い)厚木方面右折
などと案内が出ている為前回見事に騙されました(前回記事)
峠を余分に越える上に遠回りなので、ここはスルーです。
※三ヶ木交差点は直進です。

道路変わりまして国道413号線を直進です。
しばらく走ると城山ダムの上を通ります。
120809-134641.jpg
画像は津久井湖をバックに城山ダム上から

そのまま413号線を走ると相模原の郊外に出ます。
数キロ走った辺りので事件が起こりました。
ohnoooo.jpg
信号が青になったのを確認した俺は
いつも通りペダルに力を込めたんだ。
だが、瞬間的にオレはいつものXTCとは
漕ぎ心地が違うことに気付いちまったんだ。



120809-135927.jpg
・・・チェーン切れれてる!(泣)
しかも、運悪く装備の軽量化を図った為
チェーンカッター不所持で復旧不可orz...

自宅まで推定30kmはあります。
シクロ担ぎじゃ到底無理です。
とりあえず落ち着いて現状確認
120809-140259.jpg
不幸中の幸い、壊れていたのはなんと
チェーン繋ぎ(青丸)の隣のコマでした。
120809140830.jpg
要するに緑丸内の壊れたコマを外せさえすれば、
チェーン繋ぎで繋いで復旧できるという事です!

プランA:
現状で持ち合わせている工具で
コマとコマを繋いでいるピンを抜く
120809-141214.jpg
モンキーレンチとアーレンキーを使って
ひたすら叩きますが、無論ピンは外れませんorz
→プランA失敗

プランB:
パーツを無理矢理捻じ曲げて
コマを無理矢理解体する
120809-141741.jpg
こうなってくると、もはややっつけです(笑)
プランBもモンキーレンチを使用します。
金属疲労で折れないように慎重に力を掛けると・・・

両方とも無事外れました!
120809-142726.jpg
・・・そして問題発生です。
ピンが抜けませnくぁwせdrftgyふじこlp;@:

とりあえず近くにあった某100円均一にて
配線工事用の怪しい工具を購入。
120809-143839.jpg
コレでピンを掴んで抜こうという魂胆。
使い道を間違えているのは分かっているのですが、
安さあってのこのクオリティと言った所。

しかし、まさかのそのクオリティが功を奏し
何度も繰り返す内に刃が削れて無くなり、
普通のペンチのような形になりました。
120809-144638.jpg
そして無事にピンが抜けました!

その後、チェーン繋ぎでチェーンを繋げて、
ロスを1時間程に止めて家路に着きます。
120809144711.jpg
この後も国道413号線を東進する形で
相模原の市街地を抜けていきます。

だんだん栄えている風景になってくると
国道16号線との立体交差(突き当り)が出てきます。
innn1616.jpg
この交差点を右折して横浜方面へ戻ります
あとはパート3で通った道を逆送するだけです。

今回の高尾山アタックはかっちゃんと二人で行きましたが
やはりロングライドは2~3名の少人数がベストです。
それと、予想されるトラブルの対処法
事前に練っておくことが結構大切です(笑)

出発が7時30分で帰宅は6時00分
ちなみに総走行距離113.01kmでした。
120809-181009.jpg
高尾山アタック最後の記事は比較的長くなりましたが、
今までのレポとは違い、ルートを織り交ぜて書いてみました。
横浜発で大ダルミ峠を目指す方は是非参考にしてみてください:-)

追伸10/31
 チェーンが切れてしまった理由をなんとなく見つけた気がしました。
 http://mados0001.blog78.fc2.com/blog-entry-885.html
 たぶんこのせいでリンクの隣のコマが切れてしまったんでしょう(笑)

それと、昨日8月20日銀座がパレードで賑わう中、
珍しく大人数で秋葉原へ行って来ました。
そちらのレポートもボチボチやるつもりでいます。
それでは、こーちゃんでした。bb1111111111111111111

| 自転車 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

爆チュー問題

どうも、こーちゃんです。
幼いころに見てた思い出の番組はありますか?
もちろん旧NHK教育の子供向け番組もそうなんですが、
どちらかと言うと僕は良くポンキッキーズを見てました:-)

中でも一番好きだったのがこの"爆チュー問題"
当時は雰囲気で楽しい気持ちになっていましたが
いま改めて見てみると本当のネタの意味が分かって、
個人的には流行の芸人さんよりも数倍笑えます(笑)

そして何よりコレを子供向け番組として放送していた、
当時のフジテレビと、爆笑問題のセンスが好きです:-D

昔見ていたテレビ番組や漫画、音楽を懐かしんでいると、
自分が老けてしまったような感覚になりますが
意外とこういう所が大人になる楽しみなのかもしれません。
それでは、こーちゃんでした。bb11111111111111111111

| パソコン | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

レッツ高尾山っ! (4)

どうも、こーちゃんです。
高尾山アタック4回目の今回は、
国道16号坂下交差点を西進してから、
大ダルミ峠の頂上まで書こうと思います。

県道46号線に入ると途端に田舎っぽい風景になります。
しかしさすがは東京都、交通量は僕の地元より多く感じました:-)
120809105126.jpg
なんとなくのんびりしているこういう景色が
個人的にすごく好きだったりします(笑)

車の多い道をすり抜けていくと国道20号線にぶつかります。
途中で県道46号線から47号線に変わっていた様です。
120809111208.jpg
(ってか町田街道なんだw)この交差点を直進すると、
しばらく道幅の広い下り坂が続きます。

そして町田街道入り口交差点に出ます。
この交差点を左折して高尾駅方面へ向かいます:-)
120809-111810.jpg
ちょうどこの歩道橋をくぐる形で曲がります。
ここまでくれば大ダルミ峠までは道なりです。

JR高尾駅は11時30分ごろに通過。
主にこのあたりから峠っぽくなってきます。
120809-112134.jpg
大ダルミ峠は途中で休憩する程長くないので
今回は写真がありません!

一応ムービーを撮ったのですが、
例によって手振れが激しいので
UPできないかもしれません。
(とりあえず編集はしてみます)
120809-120831.jpg
ローディーを抜かしたり抜かされたりして
麓から20分弱で頂上に到着しました。
ここでMTBと書かれた壁画を発見!
120809-120850.jpg
実はこれ、前回大ダルミ峠に行った時に(→記事)
あまりに周りがロードばかりだったので、
ピストで行ったにもかかわらず
僕がわざとMTBと落書きしたものです。
110619-140720.jpg
↑去年の6月19日です。(描き立てホヤホヤ)
表面にコケが生えていて擦ると削れて、
文字や絵が描ける良く見るあのです。

しかも去年はMTBしか描かれてませんでしたが、
ロードバイク(?)ママチャリが増えてました(笑)
DSCF1368.jpg
大ダルミ峠に行く機会があったら探してみてください。
頂上付近、神奈川県側の停車帯みたいな場所を
仮設ガードレールで塞いだ場所
の内側にある壁です。

とりあえず今回の記事はここまでです。
次回は峠を下る所からを書こうと思います。→次記事
それでは、こーちゃんでした。bb11111111111111111111111

※追伸
記事中段で予告していた動画を
YouTubeにUPしました。→記事

| 自転車 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | PREV