クルマと自転車、小ネタの発信。

僕の仲間とMTB

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

MTB700c化 第二弾 (3)

どうも、一つ前の記事でアップロードした動画が
(僕のチャンネル内で)破竹の勢いを見せており、
少し浮かれていたりしてるこーちゃんですww

さて、前回の700c記事ではホイールの仮組みをしました
今回はホイール組みの醍醐味でありもっとも難しい工程である
ホイールの振れ取りをやっていこうと思います:)
WP_000194.jpg
ホイールの振れ取り台が無いと基本的にホイールは組めませんが
今回僕はXTC(↑)をひっくり返してチェーンステイに割り箸を固定して、
簡単な振れ取り台を自作(?)しました。(正直コレで組むのはかなり危険w)
WP_000198.jpg
ホイールを回転させてこの割り箸に触れる箇所
振れている部分になるのでそれを目安にします

割り箸にはあらかじめ目盛を入れておいて、
左右の幅を正確に計れる様にしておきました。
WP_000197.jpg
これでホイールを組む準備が整いました!
確実にホイールを組むのなら既製品の購入を勧めます
もし、真似をされるのであれば自己責任でお願いします


さて、ここでニップルとスポークの関係について
少し説明しておきたいと思います。
WP_000465.jpg
こういうことです。















・・・少し分かりづらいので解説をしておくと
オレンジグリーン同じ役割なので、
振れ取りする時はこの関係を思い出してください。

また、左右のフランジから来てるスポークの張り具合で
リムの振れ徐々に取っていくということは、
WP_000464.jpg
ということになります。















・・・に寄っているなら、を緩めを締める。
逆にに寄っているなら、を緩めを締めます。
また、どちらも締めると縦振れになってしまうので。
こまめに確認しながら注意して触れ取りしていきます。

締め、緩めはニップル回し(前回記事参照)を使います
このニップルは真鍮製ですがあまり強い力を掛けると、
WP_000207.jpg
山がつぶれて挙句捻り切れてしまいます。
こうなってしまうと外すのも一苦労です。
WP_000208.jpg
コレはバイスグリップを駆使して外しました
大変なのでニップルには優しく接しましょうwww

予備のニップルを持ち合わせていなかったので
急遽同じサイズ同じ素材のニップルを購入
WP_000206.jpg
カラーをアルマイト風のゴールドにして
アクセントっぽく使うことにしました:)

苦節ありましたが一応ホイールの振れを取り終えて
スポークのテンションも適正までもって行きました!
WP_000210.jpg
↑アフター
スプロケット側からきている8本のニップルをゴールドにして、
それ以外は最初から付いていたシルバーのニップルを使いました。
ついでにリムを黒く塗って、リムブレーキ非対応風にww
↓ビフォー
WP_000204.jpg
ホイールは完成したので後はチューブタイヤ
ディスクローターを組み付ければ完成です。
これらに関しては次回やろうと思いますので
是非そちらの方も宜しくお願いします。記事
それでは、こーちゃんでした。CUL8Rノシ

| 自転車 | 22:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フレームだけで、ホイール組めたんかい!?(゜_゜;)

さすがだゎ・・・

| びっふぉ | 2012/12/01 02:36 | URL |

GIANTのフレーム精度のおかげですw
でも良く見ると全体的に左に寄ってますorz

| こーちゃん | 2012/12/02 00:05 | URL | ≫ EDIT

すばらしい趣味で共感します。

| 誹謗中傷対策 ジャッジメント | 2012/12/09 20:32 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。
コメントいただけると
更新し甲斐があります:)

| こーちゃん | 2012/12/16 00:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT