クルマと自転車、小ネタの発信。

僕の仲間とMTB

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

リムハンガー自作


例の服屋でどこぞの作家さんが手掛けた作品を見かけて、
センスの良さと価格の高さに感動してから早数カ月・・・
車輪で出来た衣紋掛けを自作する運びとなりました(大袈裟)
買うと高いですからねー。誰にでもできるので自分で作りましょ:)

まず、準備する材料です。
・700cや29erのリム(外径は大き目が良いです)
・350~400mmのスポーク(フックにします)
・上のスポークに対応する番手のニップル
・お好みでリムテープを少々(無くても可)

続いてレシピの紹介です。
リムをサンダーで切断する(サンダー無ければ糸ノコ)

断面を良くヤスる(適当にやると服に穴開きます)

スポークを曲げる(この辺は普通のハンガーを参考に)

お好みでリムテープを接着剤で固定する(無くてもOKです)

画像の様にスポークをセットしてニップルで固定する。

フックが下に落ちてしまうのを防ぐためにホットボンドで固定してます。
リムテープに穴を開けないとスポークを通せないので、
リムテープ接着後に千枚通し等でスポーク穴を開けましょー

少し肩幅が広めになりましたが、処女作なので良しとします!
700cで3本位は作れると思います、作りすぎたらシェアしましょう:)

※この記事はオロンタスの提供でお送りしました(大嘘)

| モブログ | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。