クルマと自転車、小ネタの発信。

僕の仲間とMTB

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

26インチMTB700c化

どもー!コウチャンデス
ボトルゲージって便利ですね!
使ったこと無いですけどw

さて、本日はエキパージュの700c化計画を簡単に説明していきます。
最高速の伸びに限界を感じていた今日この頃。
エキパージュについているボスフリー式のリアスプロケットは
カセット式のスプロケットよりトップのギアの歯数が多いため
ちゃんとした自転車に比べると余分に漕がないと同じ距離を進めません。
という事態を受け今回の計画を立てたわけです。

動機はコレぐらいにして、まずは準備するもの
エンド幅が135mmの700cホイール
Vブレーキ台座変更用台座
スプロケット
700c用のタイヤ(もちろんチューブも。)

・・・こんなもんですかね?
そして、ここで注意すべき点は
●V台座を変更するV台座はフロントも700c化する場合は二つゲットしてください!
●エンド幅は135mmを選んでください。ロードバイク用のエンド幅は130mmなので
 入らなくは無いのですがスペーサーやワッシャーをかませないといけないので注意が必要です!
●後、エキパージュはもともとリアスプロケットは7sなので、
 8sや9sにしたい場合はディレイラーやシフターの変更も視野に入れておきましょう!

注意点はコレくらいだと思います。
もしも分からないことがあればコメントで質問してください。分かる範囲でお答えします。
と、言っても僕も実行した訳ではないのでまだ画像も何もありません。
(もしかしたら700cがフレームに収まらないのかもしれないしw)
注文していた物が届いたら、作業工程を記事にするつもりなのでそちらもどうぞお楽しみに。
101013-140751.jpg
26インチのカセット式ハブのホイールでも、
トップのギアが重くなるので一応速くはなります。
でも山攻める気が無いなら700cのカセット式ハブホイールの方が速いハズです。
これでやっとローディーとタメ線張れるゼィ!!
それでは、恒ちゃんでしたーbb111111111111111

※実行においてエキパージュぶっ壊れても責任は問わないでください!!

| 自転車 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。