クルマと自転車、小ネタの発信。

僕の仲間とMTB

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

アドエス分解っ!

どうも、こーちゃんです!
最近、ガラケーと同等の機能しか使っていない
"にわか"スマホユーザーが増えている気がします。
スマホを持つことに誇りを持つのではなく、
スマホを使いこなせることに誇りを持ってもらいたいですね。

さて、知る人ぞ知るスマホユーザーな僕なのですが、
「あんどろいどー」とか「あいふぉーん」何てものは持ってません。
僕が使ってるのはこれです。
DSCF0499.jpg
約4年前に発売された端末でしたが当時、
「THE SMARTPHONE」として売り出されてました。

元々この端末にはバッテリーバックのふたが外れると
勝手に電源が落ちる機能が付いています。
仕組みは単純でふたの爪の部分にスイッチが触れていて、
それが外れると電源が落ちる構造になっています。
雑に扱ってきたという事もあり、最近この機能が自動的(?)に作動し、
電源が勝手に落ちます。

気がつくと電源が落ちていて、挙句の果てには通話中にも落ちるので
さすがにこの状況はマズいので対策を取ることにしました。
DSCF0443.jpg
そうです、分解です!
とりあえず、W-SIMMicroSDバッテリー
背面の確認できるねじを外します。

するとバッテリーのケースだけ外れます。
DSCF0444.jpg
そして新たにねじが姿を現しました
基盤も剥き出しになり、いよいよ分解の本題に入ってきました。
ここから先は少しのミスが故障の原因となるので、
慎重に作業を進めていきます。

次に背面上部のカバーを剥がします。
これは爪で止まっているだけなので、
割らない様に注意しながら素手で外します。
DSCF0445.jpg
ここにもねじがあるのでこれも外します
これで背面のパネルは外せるようになります。
アドエスはサイドキーUSBポートがあるので
それらに引っ掛らない様、注意しながら外します。

自転車とは違い、とても細かく作られていて、
壊れたら自分の力では直せそうに無いので
いつもよりも余計に神経を使ってる気がします。
DSCF0448.jpg
あ、ちなみに僕は今回
スイッチを瞬間接着剤で固定する予定です(笑)
通電する部分をすべて覆わなければ多分平気です。

問題のスイッチが出てきました。
この小さな黒い部分が飛び出すことによって、
電源が自動で落ちてデータの紛失を防いでくれます(多分)
DSCF0447.jpg

そして3分後・・・・

DSCF0449.jpg
付きましたぁー!
この後動作チェックを行い、無事に使えるようになりました。
以前の様に突然電源が落ちることは無くなり
無事に改造(?)は成功した様です:-)

※基本的に分解するとメーカーからの保証が受けられなくなります。
※真似をしていただくのは嬉しいのですが、自己責任でお願いします。

それでは、こーちゃんでした。bb11111111111111111111110

| パソコン | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。