クルマと自転車、小ネタの発信。

僕の仲間とMTB

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ホッ!ハッ!


去年描いた覚え書きが出てきたのでうp
来年の国産コンパクトホットハッチ事情は
どんな展開になっていくのでしょうかね:)


| モブログ | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コルトRのエキマニ外し


我々は最も効率的かつ革新的な方法へたどり着いた。(大袈裟)

本来コルトRのエキマニは車体の下に潜って、
触媒→アウトレット→タービン→エキマニと
接続された各部品を順に取り外さなければ
脱着することができません。(整備書より)

中にはタービンと接続されてるスタッドボルトを抜く事で
エキマニのみを取り外す強者もいらっしゃる様ですが
もはや積算走行距離180,000kmオーバーの個体では
錆びて固着したスタッドボルトを外すのは不可能に近い:(

そこで、タービンやマフラーがフレーム等と固定されている箇所を緩めて
タービン以下に遊びを作る事でスタッドボルト分の逃げを確保し
タービンも降ろさず、スタッドボルトも抜かない方法へたどり着いたのです:)


17.1.7:動画に纏めてみました。ぜひご覧ください。

| モブログ | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

マツダ スクラム


気付けば軽商用バンネタばかりになってますが、ハマってるのでご了承を。
スライドドアが外れながらも仕事してる立派な奴を見かけました。
確かマツダ スクラムでしたがこのモデルはスズキ キャリィのOEMなので
もしかしたらキャリィか、日産 クリッパーか、三菱 ミニキャブのどれかです笑
さすがにこの4兄弟はエンブレム以外に判別する方法ないよなー?

| モブログ | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

青空整備withレガシィ


昨日の話です。2速3500回転からの加速の凄まじさが随分と乏しくなりました。
恐らくエキマニに穴が開いて過給機に排圧が掛からないのが原因です:(
この頃排気音がやけにご機嫌斜めだと感じていた矢先の出来事でした。
一刻も早い原因の究明が必要です。

※レガシィは流行のアルミテープチューンの最中

| モブログ | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コルトR 純正加工リアスポイラー


好評(?)の都内に行けない仕様化計画第三弾です笑
ランチア・デルタや大阪環状CIVIC張りなリアスポイラー
(※戻し済み)

もちろん空力効果は狙ってません。ゼブラゾーンの上を走ると
振動でパタパタするほど自作ステーの強度が低かったので
次回はもっと確りした物をつくりたいと思います(多分やらない)

| モブログ | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

未来の走り屋


ガソリン・ディーゼルエンジンは近い将来製造出来なくなるでしょう:(
非常に残念ですが2stエンジンが無くなった様に必ずその日はやってきます。

決してモーター肯定派ではないですが、低い回転域からトルクがあり、
我々走り屋にとってもモーターは魅力的な原動機であると言えます:)
ただし電池は非常に重量が重いので軽量化は必須項目になりそうですね。

今まで通りホイール・タイヤ・足回りの換装を行いますが
吸排気系には費用が掛からなさそうなので浮いた分で余分に軽量化。
それに加えてROMチューンや冷却系・制動系の強化などなど。
深夜の峠道で音も無く青白いヘッドライトが背後から迫ってくる
そんな未来の走り屋が出現する日もそう遠くないでしょう…。

※画像は全く関係無いコルトの右前サスペンションです(要交換ですねorz)

| モブログ | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。